LINE査定

LINE査定

LINE査定

皆様こんにちは。
日々ブランド品/貴金属買取店の店頭で
仕事をしております査定人が今回もご案内いたします。

さて今回はお品物のご売却をお考えの方は
お使いになられたことがあるのではないかという
「LINE査定」というシステムについて査定人からの個人的な
お話&お願いをさせていただこうかと思います。

LINE査定とは?

不要不急の外出を避けるよう注意喚起があるこのご時世、
「この品物を売ったら一体いくらぐらいになるんだろう?」
と、ご不用品の売却金額を調べてみたくなるお気持ち、ありませんか?
その際、フリマアプリやオークションサイトなどで
似たようなお品物の情報を発見する…というのも方法の一つです。
が、まったく同じ品物は、新品でなければ、

値段がバラバラだったり…
コンディションが今一つ分からなかったり…

と、なかなか参考になりにくい情報も多いです。

そんな時。
LINE査定の出番です。

価格を調べたい品物の写真を、

アングルを変えて複数枚撮影し(重要)

企業公式アカウントなどの「LINE査定」に送ればOK!
折り返し企業からLINE内で返信がもらえる※というシステムです。
※返信にかかる時間はそれぞれのお品物などによって異なります※

査定の際にお願いしたいこと

このLINE査定ですが、
下記三点について査定人からお願いがあります。

Ⅰお品物に対して正面から写真を撮影してください。

倒して床に置いたバッグをアングル斜め上から撮影(……)なさったりしないでください。
全体的にお品物の比率がゆがんで、お品物の特定ができなくなる場合があります。

Ⅱ正面・背面・内側など複数枚のお写真を送付してください。

コンディションなどの把握ができますので、より正確なお目安金額のご案内ができます。

Ⅲ商品情報を合わせてお伝えください。

バッグやお財布、小物などであれば縦×横×高さなどのサイズ情報…
時計など精密機械類であれば可動・不可動などの状態…
付属品の有無や付属品の写真(保証書類のナンバー情報など)…

同じように見えるお品物でも、サイズや状態が異なればご案内する金額にも違いが出てきます。

上手にご利用いただき、楽しいリユースを

LINE査定は
お写真でお品物の大体のお目安をお伝えする
システムですので
実際のお買取り額・成立を
お約束するものではありません。

お客様とお話しさせていただいて伺うことがあるのですが

「LINE査定の金額と実際持ち込んだ際の金額が違う」

こういった場合は、
・LINE査定時との情報/状態の違い
・店舗在庫に変動があった
などの原因が考えられます。

今回はこの辺で。

それでは、また次回お会いしましょう…(^_-)-☆